Social Distancing Dub.

Social Distancing Dub.

ある日突然、みんなが新しいウイルスの話をし始めた。
ある日突然、そして日に日に、世界中が大騒ぎになっていった。
中国の問題?東南アジアの問題?むしろヨーロッパやアメリカのほうが被害がでかい?日本もやばい?むしろ日本がやばい?ベトナムはよくやっている?

新しいMIXを録音して公開したので、よろしければ聴きながらお読みください

ベトナム政府からのアナウンスで国中のバーやクラブ、その他の娯楽施設は閉鎖された。
程なくして飲食店はすべてデリバリーとテイクアウェイのみの営業になった。地域によってはテイクアウェイすらも規制された。
国外との飛行機は日に日に減便されていき、最終的にはすべてが停止され、国内の移動手段まで閉鎖された。
多くの会社は”WFH! WFH!”と叫び散らかしながら全面リモートワークに移行した。
もちろんIT企業である弊社もご他聞にもれず、しばらく家からお仕事と相成った。

FacebookやTwitterから流れてくる色んな国の色んな事情、怒号、発狂。狂人の狂言がバカをぶん回す。
Instagramで繰り広げられる充実したいろんな人間の虚飾にまみれたおしゃれな自宅での隔離生活。
突然右翼化、左翼化し始めてよくわからない情報筋の話を引用して「真実を皆に伝えなければ!」と躍起になる迷惑な人々。

ソフトロックダウンとなったベトナム、サイゴンではあったが人々に悲壮感はそこまでなかった。
わりと「しょうがないよね」という感じだ。
そう、ベトナム(サイゴン)の人はいろいろな大変な状況を「まっ!しょうがないよね!」で片付けるのがとても上手なのだ。
それが、ベトナムの人々の”おおらかさ”の根源の一つなのだ。良いところと悪いところは表裏一体だ。
ただ多くの外国人、特に英語教師や飲食関係、イベント関係の職につく人々は職(もしくは収入)を失いビザの更新ができなくなったため緊急帰国をせざるを得ない状態に追い込まれた。

3月から本格的に始まった大騒ぎが落ち着きを見せ、市中感染者が姿を消してしばらくして段階的にソフトロックダウンは解除、バーやクラブなども開いてしばらく街が活気を取り戻していくさなかのある日、突然ダナンの病院で一気に感染者が出た。
折しもソフトロックダウンによって壊滅的状況だった旅行業界が国内旅行を盛り上げるために色々なキャンペーンを打っていたため国内随一の観光地であったダナンへ対象期間に訪れた人々は大変な数になっていた。

再びバーやクラブは一時閉鎖に追い込まれ、前回ほどの厳しさではないものの軽いソフトロックダウンがまた街に訪れた。
2回目のソフトロックダウンにて、1回目はなんとか耐えた人々も力尽きて帰国する外国人がさらに増え、閉鎖する店舗の数も目に見えて増えた。

人の往来が目に見えて少なくなった数ヶ月だった

ありがたいことにソフトウェア開発を生業としている我々の仕事にはそこまでの大きな影響はなかった(ウイルス騒動と関係のない問題は色々あったが)
報道によると国内で毎月数万人が職を失い続けているとのことだったが、そんな”不況”を感じるようなこともなく街は人が多少減ってはいるもののいつもどおり動いているように見えた。

9月から再び市中感染者がいなくなったためすべてのバーやクラブは営業を再開し、多くの会社がリモートワークを解除・緩和しはじめ通勤時間の交通量は日に日に増えていっている。
多くの外国人が出国してしまったためDJが足りず、こんな僕にすらそこそこブッキングがくるような状態になった。
パーティも外国人向けに運営していた箱は小さくなったパイの取り合いをしている状態で、海外からの観光客も入ってこれない状況のため元通り!とは行かないものの、それなりには盛り上がり始めた。

ロックダウン中は一緒に引きこもっていたのでネコと前より仲良くなった

僕は、というと
このロックダウン期間中仕事以外ではずっとDUBを作りいろいろな音楽を掘っていた。
パーティモードがOFFになりつつあったためガツンガツンと踊らせる音というよりもベッドルームで聴いても心地の良い音楽を追い求めるようになり、AmbientやDub、特に90年代のクラシックDub Technoのリバイバルが自分の中で爆発し特にRythm&Sound周辺をひたすら聴いていた。

Rhythm & Sound – King In My Empire (King Version)

元々、アンビエントよりの少し跳ねたDub Technoや逆にDUBは聴いていたがこの周辺のレゲエ色が強いDUB TECHNOというのを聴き込んでいたかというとそこまでではなかったがBabe Rootsと出会い一気にこのMinimalでDarkなレゲエ色の強いダブテクノにはまり込んでしまった。

Babe Roots feat Another Channel – Can’t See

上記に貼った動画を聴いていただければわかると思うが、こんなんどうやってベトナムのクラブでかけんのよ!という雰囲気ではある。
が、クラブが閉まっていた数ヶ月ですっかりはまり込んでしまったのだ。
ゆっくりと、クラブが制限付きで営業を再開してちらほらとブッキングをもらうとまだ客の少ない時間帯にかけたりしていたが少しづつ客足が戻り始めたあたりからもう少しわかりやすく…というフレイバーの追加などをしていって以下のミックス2つを録音、公開した。

一つは自分達で運営しているオンラインラジオ”Mogra Radio”用の録音
こちらは完全にレゲエ色を強め、Dubの沼に足が絡みとられて沈みこんでいくようなミックスになった(7月に公開)

Slowbirds – Mogra Radio #018

そして続いては9月、2回めのロックダウン開け直後に古い付き合いのSaigon Dub Station界隈が運営しているDJバー “Tempo Saigon”での録音(録画)。恥ずかしながら珍しく顔出しで録画されているため緊張はしたが気の知れた友人達が運営している店のため割とリラックスして収録に望めた。(初っ端からビール飲みながら始めたためスタートボタンを押したタイミングですでに若干酔っ払っていた)
こちらは2時間という尺の指定があったため最初と最後だけ決めてあとはその時の自分のムードに合わせて流れを自由に組んでみたところ割と”the Journey of modern (digital) dub”、といった感じになった。

途中で「これは、DUBと言っていいのか ?とはいえこれテクノか ?」みたいな曲のゾーンに突入したり少しDUBSTEPのようなゾーンに突入したりという流れが起きており、”DUBとは何なのか ?”という最近の自分の考えていることがいい感じで2時間に落とし込めたな。と自画自賛している。

Saigon DJ Showcase: SLOWBIRDS [JP] (Mogra Radio)

その後、最近はDUBとAmbientの境目を模索しておりビートレステクノ・ダブや薄くビートの乗ったAmbientとDUBテクノのミックスなどを模索している感じだ。
Rhythm & SoundやBabe Roots周辺の音は大好きだが味が濃すぎるので2時間や3時間かけ続けていると飽きてしまうのだ。そしてあまりレゲエ感の強すぎる音ばかりをかけれるような箱があんまりないのだ。

先週末僕が運営に入っているMogra Radioと同じくハノイでYOUTUBE、Soundcloudへの配信及びパーティを行っているかねてから親交のあったクルー Wat De Phởq とともに東南アジア随一のクラブ The Observatoryでありがたくパーテイをさせていただく機会を得て、テラスのオープニングでDJをさせていただき、この周辺の音をゆったりと3時間やった。
これがとても楽しかった。
冒頭に紹介したMIXはこのオープニングセットの最初2時間分をまとめたような形になった。

The Observatoryは1店舗目がオープンした当初から(彼らは3回移転している)ひたすら遊びにいっており、たくさんの友達と出会った、僕にとってサイゴンの生活に欠かせない・僕のサイゴンでの生活にたくさんのイベントを起こしてくれたベニューの一つなのでこのロックダウン開け直後のタイミングで自分がDJをできたことはとても嬉しいことだった。
最終的にパーティが終わったのは土曜日の朝7時だった。

翌日はWAM Saigonという別の馴染みのDJバーでWat De Phởqの撮影をしながらのパーティを行った。
この二日間に何枚かの写真を撮ったので以下に貼り付けておく。動画も何本か撮ったので短く編集して近いうちにYOUTUBEにも上げるつもりだが、カメラ初心者のためうまく撮れている素材が少なすぎて編集作業は難航している。

そして今は、自分の中でノルマを課しながらDUBを作ってみている。
こちらはまだ始めたばかりのプロジェクトで、長年曲を完パケするのが苦手で一生完成しないため今回は期限を設けてサクッと作ってサクッと上げる。年内に10個上げる。と決めて現在5番まできたDub連番シリーズだ。
ギターを引っ張り出してきて録音してDUBしてみたり、Tape Echoシミュレーターをいくつか試し直してみたり、フィールドレコーディングしてみたりといろいろ試しつつ作り込まずにどんどんアイデアレベルでアップロードしている。
とりあえず10個くらい溜まったらいくつかピックアップしてブラッシュアップして完パケしようかと考えている。

生活の面でも色々と新しい出会いや変化があり、今までになくポジティブな気持ちで日々を送れている。周りの人々に感謝だ。
実家の老犬が体調を崩しているが東京に行くこともできず心配だったり、仕事の面でも色々と課題があり解決に追われていたり絶望したりをしてもいるが、程よく元気にやっている。

気がつけばサイゴンでの生活も7年を超え、8年目に突入してからもすでに半年が経とうとしている。
もともとただでさえものすごいスピードで日々変化していたこの国が、この新型ウイルス騒動に伴った各種の問題によってどういうふうに変化していくのかをすごくワクワクしながら楽しみにしている。
ココで生まれ、暮らしてきた人々の価値観に対して良くも悪くも大きな影響を及ぼすことは間違いがないのだけど僕にはまだどういう変化をもたらしていくのかがはっきりとはわからない。

正月が消えていく

正月が消えていく

2019年が終わり2020年になった。
ハロウィンが過ぎると共に街にはクリスマスのイルミネーションが一気に増える。
年末に向けて仕事が忙しくなっていってバタバタしていると、いつの間にか誕生日が来て一つ年を取り、すぐにクリスマスが来て、街はにわかに浮かれていき、一瞬で年が明ける。
人々が口々にHappy New Year!と叫ぶが、この街にはまだ正月はやってこない。

ベトナムに住んでもう7年目ともなると、この1/1という日付に対する思い入れは本当になくなってきている。
この国では旧正月を祝う。
新暦正月に対しては”それなり”にしか祝わない。12/31まで出勤して祝日は1/1の1日のみで1/2から普通に仕事が始まる。
休み明けに出社してきたメンバーの顔は新年を祝っているという雰囲気よりももうすぐくる旧正月休みへの期待に満ちている。

今年の旧正月は1月最終週なので例年に比べると早く、新暦正月のあと3週間くらいですぐに旧正月がやってくる。旧正月があけると、そこにあるのは年度末だ。
僕らの仕事は日本の顧客を相手にしているので、あまりに猶予がなく今年の1月は例年以上にバタバタしている。

Continue Reading

猫のネコが家族になった

猫のネコが家族になった

ある日、会社の若者から突然InstagramのDMで「どちらがよいですか?」のメッセージが添えられて2匹の生まれたての子猫の動画が送られきた。
どういった要件かよくわからないが、こちらでは往々にしてそういったよくわからないタイミングでよくわからない会話が唐突に始まるものなのでとりあえず「左の子がかわいいね」と適当に返した。
特にその日返信はなかった(これもまた、こちらではよくあることだ)

翌日会社でその子とすれ違いざまに「あのメッセージの子猫は何?」と聞いたところ前に雑談の中で僕が「猫を飼いたい」と言ったのを覚えていてくれて、ちょうど家で子猫が2匹生まれたのであげようとおもって。ということだった。
いつ受け取りますか?ということだったがすぐ数日後には1週間の東京出張が控えていたので「ちょっと準備期間を数週間くれ」と答え、急いでGoogleに”子猫 迎える 準備”と打ち込み、出てきたサイトをかたっぱしからチェックして必要そうなものをGoogle Keepにチェックリスト化して登録、通販でトイレやベッド、おもちゃなどいくつか購入、家の近所にあるペットショップを数件探して視察、餌やトイレ砂などの消耗品の入手経路を把握するなどした。

色々と猫用のトイレやベッドなどを調べてみたが、しかしなぜペット用品というのはこうもピンクやブルーのファンシーで安っぽいプラスチック製のものばかりなんだろうか。
“こんなもの絶対に部屋に置きたくない” と思う多数を避けながらいくつかの通販サイトや街のペットショップを回って少しづつ迎える準備を揃えていった。

来たばかりの頃は今よりもっと小さかった

Continue Reading

俺とお前らの適切なDistance

俺とお前らの適切なDistance

他人との距離感に悩み続ける人生だった。

ちょっと油断すると踏み込み過ぎて嫌われてしまうんじゃないかとびくびくしながら、しかし元来注意深い人間でもないので割と頻繁に踏み外して踏み込み過ぎて大したことは起きなかったり、やっぱり嫌われてしまったりしている。

人に嫌われるのがすごく怖くて人を遠ざけるような部分があるけど、やっぱりずっと一人ぼっちは寂しいし怖いからなんだかんだで他人との関わりを完全に断つこともできないままだ。

時々人を好きになるが(君たちはすぐに恋愛話にしたがるが、これは恋愛ごとだけの話ではない)、相手に拒絶されるのがとても恐ろしくて踏みとどまっている間に相手はどこかへ行ってしまう。
そしてそれが怖くて時折恐る恐る相手に踏み込んでみる。するとやはり拒絶をされたり、ときには受け入れられてびっくりして立ちすくんでしまう。
すぐにいろんなことから逃げる逃げ癖のついた人生、そのくせ逃げ足が遅くいつもそのへんの小さな障害物に足を絡め取られてすっ転んでる人生だ。

Continue Reading

ランボー怒りの麻婆豆腐

ランボー怒りの麻婆豆腐

2019年の6月が驚きのスピード感でもって過ぎ去りいつのまにやら一年の半分を過ぎていて気がついたら7月になっていた。
最近は仕事上でいろいろな事があり、プライベートにおけるいろいろなことに思いを馳せる余裕もなくなってきた。

働き、金を稼ぎ、飯を食い、酒を飲み、音楽を探して買い、寝る。
平日に時々サウナに行ってブツブツと独り言を言いながら水風呂とサウナを行ったり来たりして頭を空っぽにし、週末はクラブへいって音を浴びて頭を空っぽにしながら足踏みをする。
世の中にはうまく行っている人もいるしうまく行っていない人もいる。
時間は放っておいても進むから気がついたら1年が終わり、5年経ち、10年経ち、そのうち死ぬ。

やらなければいけないことが目の前にうず高く積み上げられているのを毎晩眺めながらビールを飲んでいる。
手を付けることもないまま軽く酔っ払い始めた頭で思いだけ馳せて「明日頑張ろう」と独り言をつぶやきながら歯を磨いて、寝る。

そして翌日同じようにビールを1本、2本と胃に流し込みながら前を見上げてみるとそれは更に高く積み上がっていて、下の方はもう潰れてぐちゃぐちゃになって手もつけられないしどうしようもなくなっている。

頭ではわかっている。「どうにかしないと」「解決するために一生懸命考えないと」
言葉だけが上滑りしてあっちこっちの彼方に消えていく。
ただただ焦燥感だけが残る。もう一本だけ、缶ビールのプルタブをひねる。

今大事でないことばかりに気を取られて頭のリソースが常に逼迫している。
自分の中には答えがないものに悩んだところでそこに答えなんてないのはわかっているはずなのに脳にこびりついて離れてくれない。そういうものに脳みそが乗っ取られている間に色々なことが勝手に起きてにっちもさっちもいかなくなる。

日曜日、起きたらシーツを剥がして一週間分の洋服とバスタオルと一緒に洗濯機にいれてスイッチを押す。
シャワーを浴びて、イヤホンをして、散歩がてらスーパーマーケットに行って食材と酒を買い、帰り道に好きな食器屋さんで食器を買う。
Spotifyでその時の気分でPlaylistを選んでお気に入りのBluetoothスピーカーから流れてくる音楽を聴いて、飯を作り、買ってきたばかりの皿に乗せて食べる。洗い物をして、ついでにキッチンを掃除して、勢いが出てきてたら寝室も片付ける。
一息ついて一服したら屋上に行って洗濯機から洗濯物を出して干す。
シーツを張り替えたベッドに横になってそのまま昼寝をする。

起きると外は薄暗くなっていて、音楽を切り替えて夕飯を作り、食い、洗い物をして酒を飲む。
プロジェクターの電源をつけてNetflixで映画かドラマを適当に見る。

これで休日の一日は終わりだ。
明日からまた仕事が始まる。